札幌駅前 地下直結 徒歩1分 無痛治療 日本歯科麻酔学会認定医 日本歯周病学会認定医 日本顎咬合学会認定医のいる歯医者「まえだ歯科」

  • 日本歯周病学会 認定医
  • 日本歯科麻酔学会 認定医
  • 日本顎咬合学会 認定医
札幌市中央区北4条西3丁目 駅前合同ビル4F

JR札幌駅南口(西コンコース) 徒歩1分
地下鉄(南北線)さっぽろ駅【4番】出口 直結

ご予約・お問合せはこちら

011-251-6878 「ホームページを見た」とお伝え下さい

お問合せ

インプラント治療

安心のインプラント治療に “静脈内鎮静法(無痛治療)”
~リラックスした快適な状態で受ける治療~

インプラント手術時の“静脈内鎮静法”

静脈内鎮静法は、鎮静・鎮痛効果のある薬を静脈に点滴し、
治療中の不安や恐怖心を和らげて治療を行う方法です。

静脈内鎮静法とは、全身麻酔法とは違い、酸素を吸入しながら、鎮静薬を点滴する治療方法のことです。精神の緊張状態を緩和させる効果があるため、治療に対する不安を解消することもできるのです。=「リラックス効果」

また、リラックス効果とともに大きいのが「健忘効果」です。治療中はぼんやりした状態になっており、治療中に起こったことを覚えていないことが多くなります。

また、「時間の感覚」も麻痺するので治療時間が実際よりも短く感じるようにもなります。それゆえ、いつ終わるのか不安にさらされながら治療を受けるようなこともないのです。

心電図や血圧計といった生体モニターを使用し、治療中の健康状態を逐一チェックしているので、術中の体調変化にも迅速に対応できます。

日本歯科麻酔学会認定医によるインプラント手術での静脈内鎮静法

一般的にインプラント治療においては、通常の局所麻酔で手術をしている歯科医院も多いです。
インプラント治療は「手術」ですので、健康な人であっても、不整脈や、血圧が急に上がったり、下がったり、酸素が体にいきわたらなくなったり、様々なリスクを想定して然るべきです。手術中に急激な変化が起きた場合、歯科麻酔科医がその場にいないということは大きなリスクとなります。
また、インプラント治療というと、ドリルを削って骨を削る事やドリルの音・振動、長い時間口を開けていなければならない事、治療にともなう痛みなど、患者様のなかには多大な不安やストレスと闘いながら治療を行われている方も多いのも現実です。中には治療中の記憶がトラウマになって、次のインプラント治療を受けられなくなってしまっているケースもあります。

そのようなことからも、まえだ歯科では、日本歯科麻酔学会認定医が、「静脈内鎮静法」を行っています。

インプラント手術時のように、ストレスや緊張が加わった時、なんらかの慢性疾患を持った方は、急性症状が出てしまう場合があります。このようなことを避けたり、迅速に対応するためにも、静脈内鎮静法は有効です。

静脈内鎮静法では、中枢神経の機能を抑制しますが、「呼吸」「循環」「反射機能」を抑制することはないため、あくまで意識は保たれた状態です。

「恐怖」「不快」といった精神的ストレスから開放され、穏やかで、リラックスした状態になります。しかし、全身麻酔法と違い、意識は保たれているため、呼びかけに応じて、「口を開ける」「口を閉じる」などの指示に応じることが可能です。

また、全身麻酔では意識を消失させるために、異変が起こった場合、患者様はそれを訴えることができません。したがって、医師をはじめスタッフは、血圧計や心電図など各種モニターからそれを推測し、対処しなければなりません。
対して、「静脈内鎮静法」は意識を消失させませんので、万が一、体調に異変が起きた場合には、患者様はそれを訴えることが可能です。つまり静脈内鎮静法は、全身麻酔に比べ安全性の高いものであるといえます。

“静脈内鎮静法”は大きなメリットがあります

静脈内鎮静法のメリットとして、患者様側には、

  • 不安や恐怖心が取り除かれ、リラックスした状態で治療を受けられる
  • 健忘効果があるので、治療をしていたことを覚えていない
  • 嘔吐反射(口に何かを入れるとすぐにオエッとなる)が起こらない
  • 肉体的なストレスが緩和され、治療や手術のために長時間口をあけたままにしても苦痛を伴わない
  • 点滴で静脈路を確保しているので、緊急時にも迅速に対応できる
  • 血圧や呼吸の様子を監視しながら処置をするので、持病をお持ちの方でも安心
  • 治療の刺激に対する反応が抑制されるので、循環・呼吸状態などが安定する

麻酔の専門家である医師とスタッフがチームを組み、術前の全身評価から、術中の全身管理、ペインコントロール、ストレスコントロール、そしてリスク管理までを行うことで、より質の高い手術を提供することが可能となります。

“静脈内鎮静法”「麻酔管理」の実際について

静脈内鎮静法は、全身麻酔法とは違い、意識を消失させない程度に中枢神経系を抑制して、歯科治療に対する不安感や恐怖心を取り除き、精神的な安静状態(リラックスした状態)をもたらすための方法です。静脈内鎮静法は、単に歯科治療時における不安・恐怖の除去だけでなく、全身疾患を有する歯科患者の安全管理の一手段としても有効です。

北海道形成歯科研究会 2014年インプラント治療におけるアンケート調査

静脈内鎮静法はインプラント手術のハードルやストレスを回避できる非常に有用な方法です。この方法の有用性をもっと多くの方に知っていただき、歯科から遠のいている患者様にも、安心して治療に足を運びやすくなるようにしていきたいと考えています。また、患者様にとって、もっと歯科医院が身近になるように、歯科医師の方々にも、静脈内鎮静法の知識や有用性・安全性を共有していただければとも考えています。

静脈内鎮静法 専門サイト

札幌駅 目の前 地下直結 徒歩1分 まえだ歯科

メールでのお問い合わせ

011-251-6878

札幌市中央区北4条西3丁目
駅前合同ビル4F
診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

※日曜日、祝祭日は休診日です。
※水曜日、第1、3土曜日の午後は休診です。

JR札幌駅南口(西コンコース) 徒歩1分
地下鉄(南北線)さっぽろ駅【4番】出口 直結

Copyright © 2016 MAEDA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ