まえだ歯科

お問い合わせ

歯科口腔外科

口腔外科診療

一般の歯科診療所では対応困難な口の中、
及び周囲の外科的な処置を行います。

口腔外科とは、虫歯や歯周病の治療を除いた、顎口腔領域の外科処置を中心に、その疾病全般を扱う診療科にことをいいます。一般外科の一分野であると同時に歯科の一分野でもあります。

親知らず(親知らずの抜歯、埋伏歯の抜歯)

20歳前後に歯の列の一番奥に生えてくる歯を「親知らず」と呼びます。狭いところに生えてくるため、歯ブラシが届かなく、虫歯や歯周病になりやすくなります。また、歯並び、噛み合わせにも影響します。
特に横向きになったまま、歯ぐきに埋まっているものを「埋伏歯(まいふくし)」といい、これも他の歯に悪影響を及ぼすため、抜歯することをおすすめします。

外傷(歯の脱臼、破折、嵌入など)

歯を強くぶつけると、打撲・脱臼・破折・嵌入など、いろいろな外傷をおこします。受傷原因としては、滑って転んだり、階段から転落したり、けんかや交通事故などがあげられます。
また、幼児や学童では、遊戯中の転倒や子ども同士の衝突が多く、成人では、硬いものを噛んだことが原因になることもあります。歯の外傷では治療後、何年もたってから歯根の先に病巣をつくったり、歯根の吸収や動揺をきたして脱落することもあるため、定期的に検診を受ける必要があります。

口唇裂傷

口の中には歯があるため、転んで下顔面を受傷すると、歯で唇を切ってしまうことがあります。唇や顔面の皮膚が切れて穴が開いている場合は、唇や皮膚を縫い合わせます。歯や歯槽骨が動いているときは、動いている歯や骨を整復したあと、前後の歯とワイヤーと接着剤で固定します。

歯の移植

むし歯が大きくて歯の根にまで到達している、歯が割れてしまった、…など、残念ながらその歯を残せない場合や、既に歯がない所に対して、親知らずやお口の中で機能していない歯(埋伏歯)を移動して植めなおす治療です。

嚢胞(のうほう)

身体の中に形成された病的な袋状のものを嚢胞(のうほう)といいます。一般にそのなかには液状の内容物が入っており、ほとんどの嚢胞はその内側が上皮によって覆われています。口腔外科領域には顎骨内にできる嚢胞と、口腔の軟組織に発生する嚢胞があります。
顎骨に発生する嚢胞としては、歯根嚢胞・含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)・術後性上顎嚢胞(じゅつごせいじょうがくのうほう)などがあります。嚢胞を放置しておくと周囲の歯が動揺したり、上あごにできた嚢胞が上顎洞(じょうがくどう)に広がり、蓄膿症(ちくのうしょう)などをおこしたりするので、手術をして嚢胞を摘出します。歯根嚢胞はむし歯が原因となるので、予防にはむし歯を早く治療しておくことが重要です。

口腔がん(検診)

  • 口内や舌に痛みのない白い着色・出来ものがある。
  • 口の中に表面がゴツゴツした腫れ、しこりがある。
  • 粘膜が赤くただれて口内炎が治らない。

などの症状がある場合は、しばらく経過を見るのでなく、すぐにご来院ください。発見が遅れれば、ガンのサイズも大きくなり、大きな手術が必要になります。また、リンパ節にガン細胞が転移したり、他の臓器にも転移する場合があります。ひょっとしたらガンではないか?と疑われたら、出来るだけ早くご相談下さい。

Close