まえだ歯科

お問い合わせ

義歯・入れ歯

“インプラント + 入れ歯 ”

入れ歯が安定する「インプラントで固定する入れ歯」

入れ歯が驚くほど安定。
“インプラントオーバーデンチャー”

総入れ歯は「噛めない」「痛い」「外れる」といった3大主訴と言われる問題でお悩みの方が多いと言われています。入れ歯を我慢して使い続けることは、ご本人にとって大きな悩みとなり、食べることも辛くなったり、人と会うことも嫌になってしまったり。また、健康にも悪影響が出てきます。
インプラント入れ歯(インプラントオーバーデンチャー)は、これまでお口の粘膜だけで支えていた総入れ歯を、わずか数本のインプラントを埋入することで、しっかりと安定した入れ歯にする治療法です。

少ないインプラントのため
費用面でのメリットも

インプラント入れ歯(インプラントオーバーデンチャー)は、インプラントを埋入し、そこに入れ歯を固定する方法です。入れ歯を固定するためには、わずか2本~4本のインプラント埋入で済むため、全てをインプラントにすることと比べとても経済的と言えます。実際、無歯顎の場合に、その全てをインプラントとするとなると、相当な費用が発生してきます。インプラントと入れ歯の組み合わせでは、そのような場合よりも費用を抑えることができます。

インプラントにより噛む力をあごの骨に伝え骨の退縮を防ぐ

インプラント入れ歯(インプラントオーバーデンチャー)では、2本~4本のインプラントを埋入します。そこに専用の入れ歯を固定するわけなのですが、噛む力が骨に伝わることにより、すこしでも骨がやせていくことを防ぐことが期待できます。

インプラント入れ歯
インプラントオーバーデンチャーの特徴

  • 入れ歯が安定して食事をおいしく食べることができる(健康面)
  • 連結部分が見えないため他の人に入れ歯であることが気付かれにくい(審美面)
  • 自由に取り外しができる(衛生面)
  • 少ない本数のインプラントで済む(経済面)
  • 顎の骨がやせて入れ歯が安定しない場合でもしっかり固定できる
  • 患者様の症状・要望に合わせた連結方法を提案できる
  • インプラント手術が必要
  • 治療後の定期検診が必要
  • 保険適応されない自費治療
    ※医療費の控除を受けられます

Close