まえだ歯科

お問い合わせ

審美歯科

詰め物や被せ物について

01

小さな虫歯や欠けた歯を自然な色の歯にする場合「充填(CRなど)」

充填(CR)とは「コンポジットレジン」のことです。
「コンポジットレジン充填治療」は、保険適用なので安く、銀歯と比べて審美性に優れるなどのメリットがあります。インレー(詰め物)による治療では、詰め物が外れない様に、しっかりとはまる削り方をするので、むし歯でない所も大きく削らなければなりません。それに比べ、充填治療では、歯を削る量も最小限で済むという、大きなメリットがあります。

充填治療の流れ

  • 虫歯を削り、きれいに成形します。
  • 充填物を直接盛ります。
  • 光照射によって硬化します(光重合)
  • 研磨して歯の形態に整えます。

インレー(詰め物)の場合
⇒ 大きく削る

グラディアダイレクト
(ハイブリッドセラミック直接充填)
の場合
⇒ 最低限削る

02

中くらいの虫歯を自然な色の歯に治療する場合「詰め物(インレー)」

「ハイブリッドセラミックインレー」

セラミックとプラスチックを混ぜた素材で、型を採った後に、歯科技工士が製作します。色調、強度ともに優れており、粘り気とすり減り具合が適度なため、噛み合う歯に対して優しい素材です。金属アレルギーの心配もありません。

「セラミックインレー」

セラミックのため、審美性に優れています。また、変色もしませんし、摩耗もしにくく、汚れが付きにくい素材です。金属アレルギーの心配もありません。

  • 奥歯の歯と歯の間のむし歯。
  • むし歯を中心に斜線の部分を削り、型を採取します。
  • 型をもとにインレーを製作します。
  • インレーをはめ込み終了です。

03

大きな虫歯を自然な色の歯に治療する
場合「被せ物(クラウン)」

「ハイブリッドセラミッククラウン」

セラミックとプラスチックの混合物。金属を用いていないので金属アレルギーの心配はありません。プラスチックの性質も有しているので変色の可能性は有ります。
審美性はオールセラミックより劣ります。

「セラミッククラウン(メタルボンド)」

表面はセラミックですが、歯の裏側に金属を使用します。金属アレルギーのある方にはおすすめしません。ただ、金属を使用しているので強度に優れます。審美性はオールセラミックより劣ります。

「オールセラミッククラウン」

素材は全てセラミックだけで出来ており、非常に審美性に優れています。昔は固いため割れやすく、奥歯には適さないといわれていましたが、現在は素材の改良と進歩で、奥歯でも問題なく使用できます。金属アレルギーの心配もありません。

04

歯の中に差し込む土台も金属を
使いたくない「土台(コア)」

「ファイバーコア」

美しく綺麗な白い歯になりたい方、ご自身の歯を長持ちさせたい方に適しています。保険適用の、硬い金属のコアと比較すると、適度な「しなり」により、歯根破折(歯の根っこが割れてしまう)のリスクを減らすことができます。また、オールセラミッククラウンなどと組み合わせて使用すると、透明感が出て、より美しい歯に仕上がります。また、金属ではないので、金属アレルギーの心配もありません。

※ファイバーコアを使用した場合、保険のルール上、被せ物も保険適用外となります。

「メタルコア」

保険治療で使われる、金銀パラジウムや銀合金でできたコアですが、リスクもあります。金属が歯よりも硬いため、強い力がかかると歯が割れるリスクがあります。
差し歯の歯肉の部分が黒ずんでいる人を見かけることがありますが、金属イオンが溶け出してしみ出しているからです。一度黒くなると、治りません。

従来の治療 保険

金属の土台(メタルコア)

このようなことが起きる可能性があります…

最新の治療 実費

グラスファイバーの土台
(ファイバーポストコア)

Close