まえだ歯科

お問い合わせ

静脈内鎮静法(無痛治療)

日本歯科麻酔学会 認定医による “静脈内鎮静法(無痛治療)” ~リラックスした快適な状態で
受ける治療(リラックス歯科)~

静脈内鎮静法 [セデーション
(Intravenous Sedation : IVS) ]とは

静脈内鎮静法とは、歯科麻酔科医が鎮静薬や麻酔薬を点滴から注入して、歯科治療に対する不安感や恐怖心を取り除き、精神的な安静状態をもたらすための方法です。
全身麻酔法とは異なり、意識を消失させない程度に中枢神経系を抑制して、リラックスした状態になります。また、静脈内鎮静法は、単に歯科治療時における不安や恐怖の除去だけでなく、全身疾患のある方の安全管理の一手段としても有効な方法です。

静脈内鎮静法のメリット

  • 不安や恐怖心が取り除かれ、リラックスした状態で治療を受けられる
  • 健忘効果があるので、治療をしていたことを覚えていない
  • 嘔吐反射(口に何かを入れるとすぐにオエッとなる)が起こらない
  • 肉体的なストレスが緩和され、治療や手術のために長時間口をあけたままにしても苦痛を伴わない
  • 点滴で静脈路を確保しているので、緊急時にも迅速に対応できる
  • 血圧や呼吸の様子を監視しながら処置をするので、持病をお持ちの方でも安心
  • 治療の刺激に対する反応が抑制されるので、循環・呼吸状態などが安定する

静脈内鎮静法では、痛みを取る作用はありませんが、局所麻酔を効かせるので心配はありません。そして、鎮静中は、麻酔の注射をしても憶えていないので安心です。

静脈内鎮静法の対象となる方

  • 治療や手術を少しでも楽に受けたい方
  • 歯科治療やお口への麻酔注射などに対して不安や恐怖心が強い方
  • 過去の歯科治療で、迷走神経反射(神経性ショック・疼痛性ショック)や、過換気発作を起こしたことがある方
  • 高血圧、心疾患、甲状腺機能亢進症などの全身疾患があり、歯科治療や手術で生じるストレスを軽減し、循環動態を安定させる必要がある方
  • 治療や手術の侵襲が大きい場合
  • 治療や手術部位・体位に困難が伴う場合
  • 嘔吐反射があり、治療や手術が困難な方
  • 笑気吸入鎮静法が実施しづらい場合

インプラント治療での静脈内鎮静法

インプラント治療は「手術」です。インプラント手術は、通常、局所麻酔を使用して行います。全身麻酔は、呼吸管理の必要性や副作用があり、基本的には使用しませんが、インプラント治療を全身麻酔で受けたいという方も少なくないかと思います。

通常、行われているように、局所麻酔だけでインプラント手術を行う場合、痛みは軽減できても、緊張、不安、恐怖などのストレスは感じますし、治療中は、歯科医師の声、ドリルで骨を削る音などは聞こえてきます。インプラント治療をより快適に受けていただくためには、静脈内鎮静法による手術をおすすめしています。静脈内鎮静法の最大のメリットは、安全性の高さと言えます。安全性が高く、手術終了後は速やかに麻酔効果がなくなります。また、静脈内鎮静法をより安全に使用するために、麻酔専門医が全身管理を担当して心拍数や血圧などをしっかりと管理します。

詳しく見る

静脈内鎮静法 専門サイト

Close