まえだ歯科

お問い合わせ

顎関節症・咬み合わせ治療

日本顎咬合学会認定医による 顎関節症・咬み合わせの治療
~顎関節と咬み合わせ両方の
関連性を考えた治療~

顎関節症の治療

顎関節症とは

  • あごが痛い
  • 口が開かない
  • カクカク音がして痛い

以上は顎関節症の3大症状です。

あなたの顎関節の自己チェック法

合計点数が8.6以上では顎関節症の危険あり,杉崎正志、他:2007
  • ① 口を大きく開いたとき、人差し指から薬指を並べた3本指を縦にして入りますか?
    1.すっと入る2.ほぼ問題ない
    3.どちらともいえない4.やや困難
    5.全く入らない 
  • ② 口を大きく開け閉めした時、あごの痛みがありますか?
    1.全くない2.たまにある
    3.どちらともいえない4.しばしばある
    5.いつもある 
  • ③ 口を大きく開いたとき、まっすぐに開きますか?
    1.いつもまっすぐ2.たまに曲がる
    3.どちらともいえない4.しばしば曲がる
    5.いつも曲がる 
  • ④ 干し肉、するめ、タコなど硬いものを食べるとあごや顔が痛みますか?
    1.痛まない2.たまに痛む
    3.どちらともいえない4.しばしば痛む
    5.いつも痛む 

②の「口を大きく開け閉めした時、あごの痛みがありますか?」に「はい」と回答した方も顎関節症である可能性があります。専門医を受診することをおすすめいたします。

硬いものを食べたら顎が痛くなったが、しばらくしたら治った」という程度の症状を含めると、日本人の二人に一人は何らかの顎の異常の経験があるといわれます。
顎関節症では、放置しておいても自然に治るものもから、重症になると手術が必要となったり、症状もめまい、激しい顎の痛み、全身に及ぶ痛み、開口障害など、日常生活に支障をきたすほどの症状に苦しむこともあります。

顎関節症のタイプ

筋肉の障害によって起こるタイプ(Ⅰ型)
筋肉が緊張して硬くなり、血液の循環が悪くなるために痛みを生じるものです。咀嚼筋を中心に痛むので頬やこめかみのあたりが痛みます。頭、首、肩など離れたところに関連痛が起こったりもします。
関節包・靱帯の障害によって起こるタイプ(Ⅱ型)
顎関節の関節包や靱帯などの線維組織に力が加わり、捻挫を起したような状態になり、痛みを生じるものです。関節包炎、滑膜炎などを起し、顎を動かすと顎関節が痛みます。
関節円板の障害によって起こるタイプ
~顎関節内障(Ⅲ型)
関節円板」が本来の位置から、主に前方にずれたままになってしまう状態です。このことを「関節円板前方転位」といいます。クリック(カクカクした音)が出たり、ロック(口が大きく開けられない)状態になったりもします。
変形性関節症によって起こるタイプ(Ⅳ型)
顎関節に繰り返し強い負荷がかけられたりといったことが、長期間続くことにより、下顎頭の表面が吸収されて、その回りに新しい骨がつくられることがあります。口を開閉すると「ゴリゴリ」といった音がして、滑膜炎など周囲の炎症を伴うと顎関節が痛みます。

顎関節症の治療

主に「スプリント」という、マウスピース型の、歯列を覆う装具を装着し、それに調整を施していく治療を行います。

咬み合わせの治療

咬み合せについて

歯科医院で合わない被せ物をかぶせたり、歯を削られすぎたりしたことが原因となって、うまく噛めない、顎が安定しない、頭痛、首の痛み、腕のしびれなどの症状に悩まれている方がいます。これは咬み合せが悪いことによって起こる症状です。この咬み合わせを改善していくのが咬み合せ治療です。

咬み合わせは、様々な全身の症状と密接な関わりを持っています。

噛み合わせ治療によって、見た目の美しさを取り戻すのみならず、咀嚼(食べ物を咬み砕くこと)の能力を最大限に引き出したり、身体のバランスを整えたりすることが出来ます。このページでは、なぜそのような不具合が起きてしまうのかをご説明させて頂きます。下の顎は、上の顎からブランコのように吊られたような構造をしています。このことは顎を自由に動くことを可能にしますが、同時に、咬み合せがおかしくなることによって、簡単に顎がずれてしまうことにもつながっています。

咬み合せの治療

主に詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)などよって、咬み合せの調整を行います。

ブラキシズム
(歯ぎしりやくいしばり)
の影響と対策

こんなことに心当たりはありませんか?
実は、相当、歯が酷使されています。

  • 日中、無意識のうちに、上下の奥歯が接触していませんか?
  • 普段、唇を合わせた状態で、上下の歯が接触していませんか?
  • 起床時、顎が疲れた感覚がありませんか?
  • 片頭痛がよく起こりませんか?
  • 硬い食べ物をよく食べませんか?
  • お豆腐の様な軟らかいものでも、強く噛んでいませんか?
  • 硬い食べ物が歯に良いと思い込んでいませんか?
  • ガムやスルメ、昆布などを頻繁に噛んでいませんか?
  • 早食いではないですか?
    ほおばって食べる癖はありませんか?

歯にひびが入ったり、
顎の関節が痛くなる恐れがあります。

グラインディング(歯ぎしり)

グラインディング(歯ぎしり)は、歯が移動してしまったり、歯が削れてしまったり、歯が割てしまったりといったように、歯を破壊してしまいます。また、顎関節に負担を与え、顎関節症へとつながっていきます。

クレンチング(噛みしめ)

クレンチング(噛みしめ)は、何かに夢中になっている時や、緊張しているときに、無意識に噛みしめてしまうことをいいます。通常、何もしていない時には、歯と歯は接していないのですが、持続的に噛みしめる癖があると、たとえその力が小さかったとしても、グラインディング(歯ぎしり)と同じように、歯や顎関節に非可逆的な影響を与えます。

タッピング(上下の歯を細かく接触させる)

タッピングは、上下の歯をカチカチと鳴らすことです。これは睡眠時にもおこります。

これらブラキシズムでは、どれも共通して、「歯の破壊」「顎関節への負担」につながるという共通点があります。これらの改善には、ご自身の意識と、マウスピースなどによる保護などが必要になってきますので、専門医への受診をおすすめいたします。
本来、人間の上下の歯が接触するのは、物を噛むときとのみ込むときだけなのです。
もしも頻繁に、噛みしめや、くいしばり、歯ぎしりなどをしていると、あなたの歯は摩耗し続け、あちこちにしみる感覚が出てきたり、ひび割れが進んで、時には歯が割れてしまうこともあります。お口の周りの筋肉や関節が破壊され続け、なかなか治らないという結果を招いてしまうことさえあります。

  • 片側の上下の歯が、何かの折にしみることがある。
  • 奥歯で噛むと、瞬間的に「ピリッ」と痛むことがある。
  • 歯の横の面が削れていて、歯が細くなったような気がする
  • 朝起きたときに、首筋や肩にコリを感じることがある。
  • 仕事などに夢中になっている時、気づくと噛みしめていることがある。
  • ふと気づくと、舌を上顎に吸い付けていたりしていることがある。
  • 顎が開かなくなったり、開くと痛くなったことがある。
  • 下あごの骨がゴツゴツしている。
  • 頬の周りの筋肉が固くて、いつも緊張している気がする。

こんな症状のある方も、まずは専門医への
受診をおすすめいたします。

Close