まえだ歯科

お問い合わせ

歯周病治療

日本歯周病学会 認定医による “歯周病治療” ~これ以上悪くならないために~

こんな“症状”はありませんか?

歯周病のその症状、これ以上進行すると「抜歯」となってしまいます。

  • 歯ぐきが赤もしくは赤紫になっている
  • 歯周ポケットが6~8mm以上ある
  • 歯茎から出血する
  • 歯がグラグラする
  • 口臭がきつい
  • 歯と歯茎の境目から膿が出る
  • 歯石が大量に付着している
  • 歯茎が後退して歯が長く見える
  • 朝、口の中がネバネバして、血の味がする

歯周病の“検査”について

X線写真による診断

歯周病の進行度は、歯肉を見ただけでは判断できないので、歯槽骨の破壊状態をX線写真で確認します。
X線写真は歯周病の診断・治療計画の立案、さらに、今後の治療結果の評価などにも活用します。

プロービング(歯周ポケットの検査)

歯周病の進行状態を評価するうえで欠かせないのが、歯周ポケットの診査で、「プロービング」によって行われます。プロービングによって、「歯周ポケットの深さ」とプロービング時の「出血の有無」を調べることで、「炎症の存在」と「歯周病の進行程度」が分かります。X線写真だけでは把握できない頬舌側の歯槽骨吸収などの状態をプローブで探って判断します。

検査の目的
  • 1. 炎症の有無、位置の確認
  • 2. 根の解剖学的形態の確認
  • 3. 歯石など付着物の位置確認
プラークコントロール(継続が必要)

「プラークコントロール」とは、歯周病の原因となる歯垢(プラーク/細菌のかたまり)を作らせない、または留まらせないことです。歯科医院で定期的に歯垢や歯石の除去などを受けていても、原因であるプラークが出来やすいお口のままでは再発を繰り返してしまいます。プラークコントロールは歯ブラシだけで行うことは難しく、歯ブラシ以外のアイテムを使用することや、食生活に注意することなども必要です。

正しい歯磨きの方法を修得(TBI)

歯周病治療は、歯科医師・歯科衛生士の力だけでは全てを解決することは出来ません。ご自身による、日常ケアが重要です。歯科衛生士より、それぞれの患者様のお口の状態にあった、1本1本の歯をしっかりと磨ける方法を指導させていただきます。
まずは正しい歯磨きの方法を学んでいただきます。

定期メインテナンス

歯科医院にて、着色、プラーク、歯石などを落として汚れが再びつきにくい環境にしたり、フッ素塗布によって歯質を強化したりします。歯を丁寧に磨いているつもりでも、プロによるクリーニングを受けなければ、除去できない部分があります。お口の健康を保つためには、3ヵ月~6ヵ月に1回メインテナンスを受けられることをお勧めしております。

歯周病の基本治療について

スケーリング(歯肉縁上の歯石除去)

「スケーリング」とは、「歯肉縁上」の歯石や汚れを、「超音波スケーラー」などで器械的に除去することです。歯石は、軽石のようにたくさんの穴がある構造のため、汚れが停滞しやすく、歯周病菌増殖の温床となるため、除去が必要です。

「歯肉縁上」とは、歯茎から上部分を指します。ここに付着した歯石は、主に超音波スケーラーを用いて、振動と水流で歯石や汚れを落とす「スケーリング」を行います。歯茎から上部分にあるため、目ではっきりと確認でき、容易に取り除くことができます。歯肉縁上の歯石を除去した後は、数週間おいて歯の周りの再検査を行い、歯周病の状態を確認します。軽度の歯周病の場合は、歯茎から上部分の歯石の除去と、適切なプラークコントロールで、完治することがほとんどです。

ルートプレーニング(歯肉縁下の歯石除去)

歯肉縁上の歯石を除去した後、歯の周りの再検査によって「歯肉縁下(歯茎より下部分)」の歯石がある場合は、「スケーリングおよびルートプレーニング(SRP)」を行います。

「ルートプレーニング」とは、歯茎より下部分(歯肉縁下)についた歯石や、歯根を覆うセメント質という組織に侵入した汚れなどを、専用の器具(手用スケーラー)できれいに取り除く治療のことです。炎症により歯の周りの組織が破壊されて露出したセメント質は、粗造な構造で、プラークが入り込みやすい状態です。器具でセメント質を平らにすることで、プラークを付きにくくし、歯周病の進行を防ぎます。

ルートプレーニングは、1週間に2回を目安に、数度にわけて行い、一定期間をおいてから再検査を行い、歯石や汚れの付着状態や症状の改善のチェックを行います。

歯肉縁上プラーク

歯ぐきより上の歯面についているプラークで、患者様ご自身確認できます。(プラークを染め出す薬で赤く染まる部分)

歯肉縁下プラーク

歯肉槽(歯と歯ぐきの間の溝で、歯周病の場合は歯周ポケットといいます)内のプラークで、目で見ることはできません。

歯周外科について

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬術とは、痛み止めの麻酔の注射を歯茎に行い、セメント質(歯根の表層)に付着した汚れや、歯周ポケット(歯茎の深い溝)内壁の感染した組織を取り除く治療です。汚れや感染した組織を掻き出しますので、清潔になった歯根面に歯茎が付着し、汚れが再び溜まりにくい環境を作ることが期待できます。

外科手術に分類されますが、スケーリング・ルートプレーニングと同様の器具で施術します。歯周ポケットの深さが4mm程度の軽度の歯周病(歯槽膿漏)が対象となります。

歯肉剥離掻爬(はくりそうは)術 ※フラップ手術

歯周ポケット掻爬術とは、痛み止めの麻酔の注射を歯茎に行い、セメント質(歯根の表層)に付着した汚れや、歯周ポケット(歯茎の深い溝)内壁の感染した組織を取り除く治療です。汚れや感染した組織を掻き出しますので、清潔になった歯根面に歯茎が付着し、汚れが再び溜まりにくい環境を作ることが期待できます。

外科手術に分類されますが、スケーリング・ルートプレーニングと同様の器具で施術します。歯周ポケットの深さが4mm程度の軽度の歯周病(歯槽膿漏)が対象となります。

歯肉歯槽骨整形手術

歯肉整形術

歯茎が炎症を起こして腫れあがってしまった場合に行われる手術です。不要な歯茎を切除し、歯と歯茎の間に食べカスやプラークが停滞しにくい環境を作ります。

歯槽骨整形術

歯周病(歯槽膿漏)の影響によって、顎の骨が部分的に痩せ(吸収され)、骨の形がでこぼこになることがあります。そのままの状態ではプラークが停滞しやすく、歯周病がさらに進みやすいことが考えられます。それを改善させる一つの方法に歯槽骨整形術があります。顎の骨を部分的に削って凹凸を無くすため、汚れが溜まりにくい状態にさせることができます。

歯周組織再生療法

エムドゲイン法(エムドゲイン組織再生療法)

顎の骨は再生する力をもっていますが、歯茎の治るスピードの方が早く、骨が再生する前に凹んだ部分へ歯茎が入り込んでしまいます。そこで、再生させたい骨の部分に「エムドゲインジェル」を投与することで、歯茎が入り込むのを防ぎながら骨の再生を促すことを期待できます。塗ったエムドゲインジェルは、 歯根の表面に2~4週間とどまり、やがて吸収されます。

GTR法(歯周組織誘導法)

部分的に顎の骨が痩せた場合に、歯茎が入り込むのを防ぎながら骨の再生を促す治療法には、エムドゲインの他に歯周組織誘導法(GTR法)があります。患者様の血液からメンブレンを作り、再生させたい骨の部分にそれを置くことで、歯茎が入り込むのを防ぎながら骨の再生を促すことを期待できます。まえだ歯科では、この治療を受ける患者様の血液からメンブレンを作る方法を取り入れており、感染の危険性が極めて低い状態で、骨の再生治療を行うことができます。

Close