まえだ歯科

お問い合わせ

予防・メインテナンス

いまからでも定期メインテナンスを はじめましょう

「リタイア前にやるべきだった…」 後悔トップ20
“歯の定期検診を受ければよかった”

健康60歳未満 vs 70歳以上で
こんなに違う

55~59歳
  • スポーツなどで体を鍛えればよかった
  • 日頃からよく歩けば良かった
  • 歯の定期検診を受ければよかった
  • 腹八文目を守り、暴飲暴食をしなければよかった
  • 肌の手入れをすればよかった

70歳以上と比べて目立つのは、スポーツをする、肌の手入れをするなど、体調によりも容姿を気にしている点。まだまだ体の衰えは感じていないということか。

70~74歳
  • 定期検診を受ければよかった
  • 日頃からよく歩けばよかった
  • スポーツなどで体を鍛えればよかった
  • なんでも相談できる医師を見つけておけばよかった
  • 地域の福祉サービスについて学んでおけばよかった

歯の後悔はこの層がダントツ。やはり年齢を重ねるほどに、歯の問題は深刻になるようだ。福祉サービスが17位と、介護について真剣に悩み始めるのもこの層。

引用/シニア1000人調査 PRESIDENT 2012年11月12日号 gooリサーチとプレジデント編集部の共同調査により、「人生の振り返り」に関するアンケートを行った。2012年9月25日から27日まで実施し、55~74歳の男女1060人の回答を得た。男女比は約7:3。

日本はお口の健康後進国!?

「80歳のときの残存歯の数は10本程度」これは日本人のお話です。対して欧米では、同じ年齢でも残存歯数は日本の倍程度である20本程度の歯が残っています。どうしてこんなに違うのでしょうか?この違いは、予防歯科に対する意識、定期メインテナンスを受けているかどうかに差があります。日本では「痛くなったら歯医者へ行く」というのが一般的ですが、欧米では「痛くならないように予防で定期的に歯医者に通う」という考え方なのです。

先進国の70歳残存歯数

定期的なメインテナンス
お口の健康のために必須と言えます

一般的なメインテナンスの頻度は1~3ヶ月に1回とされています。歯科医院ではプロフェッショナルクリーニングによって、自分では取ることのできない部分の歯石や歯垢、バイオフィルムと呼ばれる歯周病の元となる菌の塊をキレイにすることができます。プロフェッショナルケアを定期的に受けられた方と、悪くなってから歯医者へ通う方では、残存歯数や健康面に大きな差が出てきます。将来にわたって不自由なく食事をとり、健康を維持するためにも、悪くなってからではなく、美容室に通うのと同じように、予防歯科として、定期的に歯医者へ通いましょう。

各国の定期的に歯科検診・クリーニングを受けている人の割合

Close