アイコン

無料相談予約オンライン対応

静脈内鎮静法(無痛療法)

日本歯科麻酔学会 認定医による

“静脈内鎮静法(無痛治療)”

~ リラックスした快適な状態で受ける治療 ~

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法とは、歯科麻酔科医が鎮静薬や麻酔薬を点滴から注入して、歯科治療に対する不安感や恐怖心を取り除き、精神的な安静状態をもたらすための方法です。
全身麻酔法とは異なり、意識を消失させない程度に中枢神経系を抑制して、リラックスした状態になります。
また、静脈内鎮静法は、単に歯科治療時における不安や恐怖の除去だけでなく、全身疾患のある方の安全管理の一手段としても有効な方法です。

静脈内鎮静法のメリット

静脈内鎮静法のメリット

静脈内鎮静法では、痛みを取る作用はありませんが、局所麻酔を効かせるので心配はありません。
そして、鎮静中は、麻酔の注射をしても憶えていないので安心です。

インプラント治療での静脈内鎮静法

静脈内鎮静法のメリット

インプラント治療は「手術」です。インプラント手術は、通常、局所麻酔を使用して行います。
全身麻酔は、呼吸管理の必要性や副作用があり、基本的には使用しませんが、インプラント治療を全身麻酔で受けたいという方も少なくないかと思います。
通常、行われているように、局所麻酔だけでインプラント手術を行う場合、痛みは軽減できても、緊張、不安、恐怖などのストレスは感じますし、治療中は、歯科医師の声、ドリルで骨を削る音などは聞こえてきます。
インプラント治療をより快適に受けていただくためには、静脈内鎮静法による手術をおすすめしています。
静脈内鎮静法の最大のメリットは、安全性の高さと言えます。安全性が高く、手術終了後は速やかに麻酔効果がなくなります。また、静脈内鎮静法をより安全に使用するために、麻酔専門医が全身管理を担当して心拍数や血圧などをしっかりと管理します。

詳しくはこちら

電話

無料相談予約

アクセス